産婦人科に選ばれた5つの理由

産婦人科に選ばれる理由

クリティアの天然水は粉ミルクに適した「水」です。

放射性物質と隔離された地下天然水

天然地下水100パーセント

クリティアは天然水のミネラルウォーターです。
その原水は、富士山麓の地下200メートルの清浄な水源からくみ上げられています。
広大な富士の森や土に守られながら、長い年月をかけて自然の力で「ろ過」されたお水です。

自然に守られた水

数ある水の中でも最高水準の安全性を確保しております。
クリティアは富士山の地下からくみ上げた無添加の天然水で、地表に露出した水系を使用しておりません。

水道水などとことなり、放射性物質や環境ホルモン、空気中の汚染物質から隔離された環境で製造されています。

厳重に品質チェック

品質を守る水

【1日数十回の異物混入検査】
  • 震災後は自主的な放射能チェック
  • 放射性ヨウ素、セシウムの混入検査チェック

などのチェックを日々行うことで、皆様に届ける水を厳重にチェックしております。幼児や赤ちゃんが安心して飲むことができる水です。

赤ちゃんに負担のない「超軟水」調乳可能な硬度25度!

赤ちゃんのミルクに適している理由

調乳に適する水は軟水と呼ばれます。
硬度100以下の水で、かつ硬度が低いものが良いとされています。

クリティアは調乳可能な、硬度25度!

輸入を中心とした一部のミネラルウォーターは一般的に硬水となり、乳児ミルクに使用すると未発達な腎臓に負担をかけ、脱水症状からくる発熱を引き起こす原因となることがあります。 クリティアの天然水は非常に飲みやすい硬度25度の超軟水です。赤ちゃんのミルクや飲用水に使用しても全く問題ありません。

新しい命を救うプロジェクト

福島県、茨城県で開業している延べ108か所の産婦人科医院(福島42件、茨城66件)に対して、累計3,670本(44,040リットル)のミネラルウォーターを無償提供。 現在に至るまで、この支援は続いています。

クリティアの販売元である、株式会社ウォーターダイレクトは、被災地支援の一環として、社団法人日本産婦人科医会との連携のもと、 福島県及び茨城県に所在する産婦人科医院に対し、無償でお水をお届けすることを決定いたしました。 本年4月4日より出荷開始し、放射能汚染の不安が沈静化されるまで毎月継続して出荷いたします。

弊社の天然水は、富士山麓地下200メートルから湧き出た硬度25の軟水で、厳格な品質管理のもとで生産される安全なお水です。 現在は、従来の品質検査に加え、毎日放射線検査も行っております。 我々は、これから新しく生まれてくる乳幼児と出産をされた母親の方々に「安心・安全な水」を届け続けます。

今回のプロジェクトにつきましては、下記の弊社取引企業の方々に資材の無償提供をいただき、物流においても、佐川急便様に特別料金でご協力いただき成り立っております。 なお本年10月1日以降につきましては、継続のご希望があった病院にのみお届けしております。

お問い合わせ

お申込み

お問い合わせ