トピックス

クリティアウォーターサーバースリムなデザイン新登場!【6つの特徴】

天然水のミネラルウォーター ”クリティア”は、専用のウォーターサーバーとセットのご利用となります。ウォーターサーバーがあれば、いつでも冷水と温水がすぐに用意できます。お風呂上がりや運動後の水分補給には冷たいお水を、朝食やブレイクタイムのコーヒー・紅茶には温水を、と暮らしの中でミネラルウォーターが大活躍です。

大切な家族の健康は、まずお水から

私たちが普段なにげなく飲んでいる水だからこそ、その品質には気を配りたいもの。けれどもミネラルウォーターのペットボトルは重たくてかさばるから、つい水道水を使ってしまうこともしばしば。その点、天然水のミネラルウォーター ”クリティア”のウォーターサーバーは一度セットしてしまえば後はコックを押すだけだから、手軽に飲みたい分だけ注ぐことが出来ます。飲みきれずに残すムダも省けるし、保管はもちろん衛生的。また、小さなお子さまのいる家庭向けに全機種温水チャイルドロックを装備しています。

■ 冷水(5~7℃)と温水(80~90℃)がいつでも利用OK

冷蔵庫で冷やす、ポットで沸かす、そんな準備はもう不要。料理に、飲み物に、欲しい時に手間なしで冷温水が用意できる便利さは、一度知ってしまうと、もう手放せません。リビングにウォーターサーバーがあれば、手軽にお水を飲むようになります。甘い飲み物に手を伸ばす機会が減って健康的になった、との声も多数寄せられています。

■ 赤ちゃんの調乳にも

クリティアのナチュラルミネラルウォーターは硬度25度の超軟水。赤ちゃんのデリケートな体にもやさしい水です。しかも富士山直送の天然水だから、不純物や汚染の心配もありません。クリティアのウォーターサーバーがあれば、80℃以上の温水がいつでも用意できるので、泣いている赤ちゃんを待たせずにミルクをつくることができます。天然水のミネラルウォーター ”クリティア”は、赤ちゃんだけでなく、産後の疲れたママのココロとカラダもやさしくサポートします。

■ 日本人の味覚に合わせた硬度25度の軟水

古来から日本の自然水はそのほとんどが軟水です。日本人は昔から軟水に親しみ、その味覚と食文化をはぐくんできました。硬度とは、1リットルに水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量を示しています。カルシウムやマグネシウムの含有量が多い水は旨味成分(グルタミン酸など)が溶け出しにくいのです。その量が少ない、硬度100度以下を軟水といいますが、クリティアのミネラルウォーターは硬度25度。その硬度は軟水の中でも日本人の味覚にもっともマッチすると言われています。料理に限らず、まろやかで優しい口当たりはコーヒーや水割りにもぴったり。天然水のミネラルウォーター”クリティア”を家庭に置けば、家族の食生活に新しい発見があるはずです。

お問い合わせ

お申込み

お問い合わせ