トピックス

安全と品質証明について

クリティアのミネラルウォーターは安心してお飲みいただけます
今後も厳しい品質チェックを毎日つづけていきます

弊社のミネラルウォーターに、放射性物質は確認されていません。
2011年3月23日より、東京および関東圏の水道水から乳児の飲用基準を超える放射性ヨウ素が検出されていた問題で、クリティアのミネラルウォーターの安全性について多くのお問い合わせをいただきました。皆様からのお問い合せをもとにクリティアの安全性に関する情報を整理して公開いたします。

安全に関するトピックス

◆放射能汚染の心配はありませんか?

放射能汚染の心配はございません。
今回、事故を起こした福島第一原子力発電所とクリティアの取水地である富士箱根伊豆国立公園とは直線で300キロ以上の距離があり、 空気中のチリなど放射性物質を含んだ降下物からも地下200メートルの玄武岩による濾過層によって隔離されております。
今後の汚染物質の拡散には十分な注意を払い、品質の維持には細心の努力を続けてまいりますが、現在のところクリティアの水に汚染の心配は全くありません。
外部機関に検査を委託し、放射性ヨウ素およびセシウムの混入が検出されないことを確認しております。
詳細は以下のページをご覧下さい。
弊社の販売するミネラルウォーターは放射能汚染の心配はございません。(試験成績証明書)

また、自社工場内に放射線測定器を設置し、毎日の水質チェックをかかさず行っていきます。詳細は以下のページをご覧下さい。
毎日の水質チェックを欠かさず行っています。(放射線量検査状況について)

◆クリティアの水は安全ですか?

最高レベルの安全性を確保しております。
クリティアのミネラルウォーターに使用されている水は、富士山の地下200メートルから直接汲み上げた原水を使用しており、 他社様の一部のミネラルウォーターのように水道水を濾過したものとは異なり、地表に露出したいかなる水系も利用しておりません。
1日10回以上の厳密な品質検査および環境の整ったクリーンルームでの充填、消費地での汚染を避ける使いきりタイプの"ワンウェイ・ボトル方式"により、 最高レベルの安全性を確保しております。

◆赤ちゃんのミルクに使っても大丈夫ですか?

輸入品を中心とした一部のミネラルウォーターは一般に硬水と呼ばれ、鉱物(ミネラル)が多量に含まれているため、乳児のミルクに使用すると未発達な腎臓に負担をかけ、 脱水症状からくる発熱を引き起こす原因となることがあります。
乳児の調乳に適する水は軟水と呼ばれる硬度100以下の水で、さらにできるだけ硬度が低いものが 良いとされていますが、クリティアの水は日本古来の自然水に近い硬度25。日本人の味覚に最も適した水であることから選ばれた原水は、 赤ちゃんのミルクや飲用水に使用しても全く問題ありません。

関連リンク

会社案内

理念と企業情報をお伝えします

特徴

クリティアについて知ってほしいこと

よくあるご質問

ご注文やお支払いに関するご質問も掲載しています

お問い合わせ

お申込み

お問い合わせ